モンソー公園




f0375079_06155808.jpg

暖かくなってきて日も延びてきて外で過ごす時間が少しずつ増えています。

f0375079_06164503.jpg

こんな広い芝生もあるなんて知りませんでした

f0375079_06182772.jpg

やはりメリーゴーランドは欠かせないのですね。
周辺は画家や芸術家が多く住んでいた地域だそうで、様々な作品に登場するのだとか。

f0375079_06153965.jpg

クロード・モネもそのうちの一人だそう。
随所に歴史を感じます。


f0375079_06142374.jpg

まっすぐ行けば凱旋門。
霞んでいるのはおそらく大気汚染、という現実はさておき
情緒があって美しいです。

新たな発見があるから散歩は楽しいなあ。


Parc de Monceau
35 Boulevard de Courcelles, 75008 Paris









[PR]
# by lejournalp | 2017-02-18 06:34 | パリ/散歩 | Comments(0)

毎年1月にブルゴーニュの1つの村を持ち回りで行われるサンヴァンサン祭。
今年はパリからバスで4hのメルキュレイ村。

f0375079_19543791.jpg
狼があちらこちらに

正直ワインよりも食べ物に興味があったことは内緒(笑)
でも2012年の赤ワインは本当にいちごの香りがして美味しかったな〜。

f0375079_19555737.jpg

飛行船が飛んでお祭りムード高まります。

f0375079_19551054.jpg


これでもか〜というくらいの鴨とフォアグラのバーガー。胃にガツンときます(笑)
ワインに合う〜♡って肝心のワインの写真が一枚もない。。。

f0375079_19545655.jpg

そして、まさかのラグビー日本代表に遭遇!
2019年に日本で行われるラグビーW杯のオフィシャルワインがメルキュレイワインだそうです。(←本当に?!笑)

f0375079_20072450.jpg

今年はお天気にも恵まれ、寒すぎず、楽しめました。
来年はどこでしょう。








[PR]
# by lejournalp | 2017-02-02 20:10 | 旅/ブルゴーニュ | Comments(0)

ブルゴーニュワイン祭りの栄光の3日間は今週末ですが、少し早めにブルゴーニュ地方へワイン巡りを日帰りで決行しました。

f0375079_18113403.jpg

生憎のお天気。でも情緒があって素敵でした。

f0375079_18120467.jpg

隣り合わせの畑でも、土壌も作り手も違えば味もお値段も全然変わるという。

f0375079_18123880.jpg

私でも知っているロマネコンティの畑。文字見えますか?

f0375079_18184158.jpg

この十字架の左側がロマネコンティの畑だそう。

f0375079_18212771.jpg

所有者が変わる度に土台に文字が刻まれ、どんどん背が高くなるのだとか。

f0375079_18131483.jpg
2つの対照的なドメーヌを訪問し、見学&試飲させていただき、ボーヌを駆け足で観光。日曜日なだけに、お店はところどころしか空いていませんでした。次の週の栄光の3日間にはごった返すそうですが、お天気もあいまって、観光客も少なく静か。

f0375079_18285822.jpg
2つ目のドメーヌでワインお買い上げ。作り手さんにサインしていただきました(笑)お一人で全部作られているそう。ワイン樽が眠る脇にお野菜を保存した瓶が無数に並べられていて、ご自分で育てた野菜を保存食にしているのだそう。そんなエピソードから笑顔がとてもステキな彼のお人柄を垣間見た気がします。ワインもより一層美味しく感じるのでした。

f0375079_18353015.jpg










[PR]
# by lejournalp | 2016-11-17 18:39 | 旅/ブルゴーニュ | Comments(0)

国立セーブル陶芸美術館へ。
ブローニュの森の少し南のセーヌ川沿いに位置し、フランスの国窯であるセーブル焼が生産されています。

f0375079_06513725.jpg

もともとはポンパドール夫人の為に建てられた広い城館を改装した建物だそうで、なるほど立派でした。
(セーブル焼の詳しい説明はこちらからどうぞ→Wikipedia

f0375079_06584196.jpg
(写真はなぜか裏からだけです)


現在でも伝統を守り、開窯当時の製法を守り続けているセーブル焼は生産量もごく僅かだそうです。

f0375079_06531406.jpg

それにしても、もう少しセーブル焼について勉強していけばよかったと後悔。

f0375079_06545990.jpg

知る前に見るのと、知ってから見るのとでは大違いですよね。また足を伸ばしたいです。

f0375079_06560207.jpg

ところで、敷地も広く、美術館の裏は工房になっているようで、ワークショップでもやっているのか、子供たちが自分たちの作品を持って丁度出てきていました。夫に工房フェチと呼ばれる始末の私としては気持ちが高ぶります。

f0375079_06565127.jpg


思わず室内を激写する工房フェチ(笑)

f0375079_07035347.jpg

何かが生み出される工房、作業場ってなんて美しいのでしょう!いつか実際に作業しているところも見てみたいと思うのでした。


Sevres - cite de la céramique
http://www.sevresciteceramique.fr





[PR]
# by lejournalp | 2016-11-06 07:24 | Art | Comments(0)

パリオペラ座。

f0375079_22035464.jpg

ナポレオン3世の為に建てられたオペラ座は当時無名だった若手建築家ガルニエにより14年の歳月をかけられて建てられたそう。
しかし、完成を待たずにナポレオン3世は亡くなり、建築予定だったナポレオン3世の為の入り口や部屋は未完成のままで、予算を他に回したのだとか。質素な作りが悲しみを逆に伝えているようで切ない。

f0375079_21370605.jpg

それにしても本当に豪華絢爛。いやらしいとか通り越えて、圧巻。口を開けたまま見入ってしまう迫力。楽しみにしていたシャガールの天井絵はかなり汚れたガラス越しに少ししか見れなかったけれど、やっぱり素敵でした。

f0375079_21344896.jpg

忘れてはいけない、オペラ座といえば、大好きなミュージカルオペラ座の怪人。ファントム用のボックス席5番のドアの窓から覗くと劇場が見えてドキドキ。正面の大階段は見た瞬間にマスカレードの曲が頭をぐるぐるめぐる。

f0375079_21544465.jpg
パリのオペラ座が舞台なのに、フランス人には全然有名じゃないらしく、一度もフランスで上演されたことがなかったミュージカルも、今年満を持して上演されるはずだったのに、劇場で火災が発生し延期。ニュースでは怪人の仕業では?!と話題になっていました。

f0375079_21505362.jpg

ルーブルまでの道は美しい直線を作るために街路樹を植えなかったのだとか。ああ、美しい。まるで絵画のよう。

f0375079_21373836.jpg

何度行ってもきっと満足することはないだろうオペラ座。もっとゆっくり見たい。いつかは演目も。いつかは。。

f0375079_22163782.jpg






[PR]
# by lejournalp | 2016-10-27 22:19 | パリ/散歩 | Comments(0)