よく晴れた日にロマン主義美術館に行ってきました。

f0375079_00233418.jpg

家と展示自体はとってもこじんまりしていてあっという間に見れてしまいます。

f0375079_00223523.jpg

なんといってもここはサロン・ド・テが素敵!
お庭でゆっくりくつろぐことができます。

f0375079_00243082.jpg

お昼時を過ぎたあたりからあれよあれよと満席に!なぜか2〜3歳児の男の子に大層気に入られ、ナンパされまくり(笑)可愛かったー♡

f0375079_00240760.jpg

お天気も良く藤も満開で大変良い休日が過ごせました。

Musee de la Vie romantique
Hotel Scheffer-Renan
16, rue Chaptal
75009 Paris
http://www.vie-romantique.paris.fr/fr/le-musée-de-la-vie-romantique



[PR]
# by lejournalp | 2017-04-19 00:16 | Art | Comments(0)

バレンシアガの展示がブーデル美術館で行われていたので足を運んできました。

f0375079_00005910.jpg

とにかく美しすぎます。黒の世界。

f0375079_23571447.jpg

ブーデルの彫刻との展示法も素晴らしく、黒が一段と引き立ちます。

f0375079_23594500.jpg

1960年前後のドレスや洋服が多かったですが、良いものは普遍的であり美しく時を超えて愛されるのだと改めて感じました。

f0375079_23591250.jpg

黒は昔から好きな色だけれど、最近特によく着る色。

f0375079_23580751.jpg

とってもとっても素敵な展示でした。

f0375079_23573960.jpg

アトリエは常に人でいっぱいですが奇跡的にひとりじめできる時間が!

f0375079_00020638.jpg

2017年7月16日まで
Musee Bourdelle
18, rue Antoine Bourdelle
75015 Paris
http://www.bourdelle.paris.fr



[PR]
# by lejournalp | 2017-04-17 00:15 | Art | Comments(0)

モンソー公園




f0375079_06155808.jpg

暖かくなってきて日も延びてきて外で過ごす時間が少しずつ増えています。

f0375079_06164503.jpg

こんな広い芝生もあるなんて知りませんでした

f0375079_06182772.jpg

やはりメリーゴーランドは欠かせないのですね。
周辺は画家や芸術家が多く住んでいた地域だそうで、様々な作品に登場するのだとか。

f0375079_06153965.jpg

クロード・モネもそのうちの一人だそう。
随所に歴史を感じます。


f0375079_06142374.jpg

まっすぐ行けば凱旋門。
霞んでいるのはおそらく大気汚染、という現実はさておき
情緒があって美しいです。

新たな発見があるから散歩は楽しいなあ。


Parc de Monceau
35 Boulevard de Courcelles, 75008 Paris









[PR]
# by lejournalp | 2017-02-18 06:34 | パリ/散歩 | Comments(0)

毎年1月にブルゴーニュの1つの村を持ち回りで行われるサンヴァンサン祭。
今年はパリからバスで4hのメルキュレイ村。

f0375079_19543791.jpg
狼があちらこちらに

正直ワインよりも食べ物に興味があったことは内緒(笑)
でも2012年の赤ワインは本当にいちごの香りがして美味しかったな〜。

f0375079_19555737.jpg

飛行船が飛んでお祭りムード高まります。

f0375079_19551054.jpg


これでもか〜というくらいの鴨とフォアグラのバーガー。胃にガツンときます(笑)
ワインに合う〜♡って肝心のワインの写真が一枚もない。。。

f0375079_19545655.jpg

そして、まさかのラグビー日本代表に遭遇!
2019年に日本で行われるラグビーW杯のオフィシャルワインがメルキュレイワインだそうです。(←本当に?!笑)

f0375079_20072450.jpg

今年はお天気にも恵まれ、寒すぎず、楽しめました。
来年はどこでしょう。








[PR]
# by lejournalp | 2017-02-02 20:10 | 旅/ブルゴーニュ | Comments(0)

ブルゴーニュワイン祭りの栄光の3日間は今週末ですが、少し早めにブルゴーニュ地方へワイン巡りを日帰りで決行しました。

f0375079_18113403.jpg

生憎のお天気。でも情緒があって素敵でした。

f0375079_18120467.jpg

隣り合わせの畑でも、土壌も作り手も違えば味もお値段も全然変わるという。

f0375079_18123880.jpg

私でも知っているロマネコンティの畑。文字見えますか?

f0375079_18184158.jpg

この十字架の左側がロマネコンティの畑だそう。

f0375079_18212771.jpg

所有者が変わる度に土台に文字が刻まれ、どんどん背が高くなるのだとか。

f0375079_18131483.jpg
2つの対照的なドメーヌを訪問し、見学&試飲させていただき、ボーヌを駆け足で観光。日曜日なだけに、お店はところどころしか空いていませんでした。次の週の栄光の3日間にはごった返すそうですが、お天気もあいまって、観光客も少なく静か。

f0375079_18285822.jpg
2つ目のドメーヌでワインお買い上げ。作り手さんにサインしていただきました(笑)お一人で全部作られているそう。ワイン樽が眠る脇にお野菜を保存した瓶が無数に並べられていて、ご自分で育てた野菜を保存食にしているのだそう。そんなエピソードから笑顔がとてもステキな彼のお人柄を垣間見た気がします。ワインもより一層美味しく感じるのでした。

f0375079_18353015.jpg










[PR]
# by lejournalp | 2016-11-17 18:39 | 旅/ブルゴーニュ | Comments(0)