パリオペラ座。

f0375079_22035464.jpg

ナポレオン3世の為に建てられたオペラ座は当時無名だった若手建築家ガルニエにより14年の歳月をかけられて建てられたそう。
しかし、完成を待たずにナポレオン3世は亡くなり、建築予定だったナポレオン3世の為の入り口や部屋は未完成のままで、予算を他に回したのだとか。質素な作りが悲しみを逆に伝えているようで切ない。

f0375079_21370605.jpg

それにしても本当に豪華絢爛。いやらしいとか通り越えて、圧巻。口を開けたまま見入ってしまう迫力。楽しみにしていたシャガールの天井絵はかなり汚れたガラス越しに少ししか見れなかったけれど、やっぱり素敵でした。

f0375079_21344896.jpg

忘れてはいけない、オペラ座といえば、大好きなミュージカルオペラ座の怪人。ファントム用のボックス席5番のドアの窓から覗くと劇場が見えてドキドキ。正面の大階段は見た瞬間にマスカレードの曲が頭をぐるぐるめぐる。

f0375079_21544465.jpg
パリのオペラ座が舞台なのに、フランス人には全然有名じゃないらしく、一度もフランスで上演されたことがなかったミュージカルも、今年満を持して上演されるはずだったのに、劇場で火災が発生し延期。ニュースでは怪人の仕業では?!と話題になっていました。

f0375079_21505362.jpg

ルーブルまでの道は美しい直線を作るために街路樹を植えなかったのだとか。ああ、美しい。まるで絵画のよう。

f0375079_21373836.jpg

何度行ってもきっと満足することはないだろうオペラ座。もっとゆっくり見たい。いつかは演目も。いつかは。。

f0375079_22163782.jpg






[PR]
by lejournalp | 2016-10-27 22:19 | パリ/散歩